wimaxとポケットwifiの比較

wimaxもポケットwifiも、どこでもインターネットに接続することができるモバイルwifiルーターです。
では、wimaxとポケットwifiでは何がどのように違うのか、項目ごとに比較してみたいと思います。

速度

ポケットwifi:下り最大187.5Mbps
wimax:下り最大370Mbps
どちらの数字もあくまで「最大値」であり、実際の速度とは大きく異なります。
実際その端末がある場所の状況によっても大きく変わってきますので、一概にどちらが速いとは言い切れません。

エリア

ポケットwifi:人口カバー率94%
wimax:人口カバー率99%
どちらも全国展開しています。
ポケットwifiのほうが少し数字が低いですが、一概にポケットwifiのほうがエリアが狭いとは言えません。
この「人口カバー率」という数字は、エリアを500m2の区域に分けて、その中の半分が通信エリアに入っていれば、その500m2区域全域が通信エリアに入っているという方法で算出されているので、エリア内であってもつながらない場所はあるからです。

月額料金

ポケットwifi:3,696円
wimax:3,411円
これは少しwimaxのほうが安いですが、大差はありません。

大事なのはつながりやすさと通信制限

つながりやすさ

目の前に高いビル
地下
ポケットwifi
wimax

ポケットwifiの電波は、目の前に高い鉄筋コンクリートのビルがあっても、反射せずに回り込んで前方に進んでいきますが、wimaxの電波は直進性が強いため、目の前に障害物があるとその先に進みづらくなるという性質があります。
また、地下はどちらも得意ではありません。
どちらかといえば、ポケットwifiのほうがまだつながりやすいとは言えますが、つながらない地下も少なくありません。

通信速度制限

ポケットwifiには、月間7GBの通信速度制限があります。
月間7GBを超えると、途端に通信速度が著しく遅く(128Kbps)なり、実際使い物にならなくなります。
これを解除するには、追加料金を払うか、月が空けるのを待つしかありません。
一方、wimaxには通信制限がありません。
wimaxから約3倍の速度を誇るwimax2+へと今後移行していくのですが、wimax2+には制限があるものの「ギガ放題プラン」にすることで、制限は撤廃されます。
また、wimax2+には3日間3GBの制限というのもありますが、実際にはあまり制限がかからないのに加え、かかったとしても実効速度は十分確保されているので、利用にさほど差支えはありません。

まとめ

結局、ポケットwifiとwimaxはどちらを選べばよいかというと、

  • 基本は通信制限のないwimax
  • wimaxがつながらない場所ならポケットwifi

という基準で選べば間違いありません。

Broadwimax「ご満足保証」

もし、wimaxを契約して、
「自分の家ではつながらない」
といった場合、通常は解約をすると違約金をとられます、
しかし、Broadwimaxには「ご満足保証」という制度があり、wimaxをやめてその代わりにポケットwifiを契約する場合、違約金をとられません。
ポケットwifiとwimaxで迷った場合でも、安心して申し込みができます。